Picasaにジャンプします
> リンク    > 現役のページ 

About Us


慶応義塾大学 K.B.R. Society the KALUA

 KBR Society the KALUA(ケー・ビー・アール ソサエティー ザ・カルア)は、昭和29年(1954年)、慶應義塾大学文化団体連盟所属の音楽団体、KBRソサエティーの一員として発足しました。

 発足当初のバンド名は、カルア・アイランダースと言い、その名が示す通り、ハワイアンバンドとしてスタートしました。その後、ハワイアンモダンコーラスを中心としたバンドからジャズコーラス+コンボといった形に変遷をとげてまいりました。

 昭和30年代後半から60年代にかけての学生バンド全盛期には、全国各地で催される慶應会や稲門会のコンサートやダンスパーティーへの出演などで活躍。また、TBS大学対抗バンド合戦、ヤマハライトミュージックコンテストなどにおいて、常にコンボ部門の上位を占め、昭和47年には東芝EMIよりレコード(『Serenade』)を出すなど、常に学生バンド界のトップバンドとして活躍してまいりました。

 2004年には、発足から50周年を迎え、BlueNote TOKYO で盛大なイベントを開催しました。その後も精力的に活動を続けています。